AS:アークサインブログ ~BackBeatの徒然なるままに~

「掟破り系 ふるぼっこRPG アークサイン」のユーザーブログです アークサインの独自の攻略っぽいものや出来事などを記事にしています

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事が良いなと思われたらランキングに協力してくれると嬉しいです!!
FC2ブログランキングへ人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログへブログランキングアークサイン・攻略ブログ
管理人のやる気につながる1クリックを…( ;∀;)

topページへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

キャラクター 英雄

魔王ゼルダンティスの手先として世界を震え上がらせたモンスターでさえ、口々にこう言う・・・。

奴は倒された仲間を傭兵として連れ去り、国境さえも自由に出入りする。
奴は傭兵を召喚して連れまわし、常に有利な状態から攻撃を仕掛けてくる。
奴は何もしなければおとなしいモンスターでさえ見付けたら攻撃してくる。
奴はふとした時に優しさを見せるが、何か裏があるのではないかと恐ろしい。
"奴"はモンスターにとって恐怖以外の何者でもない存在だった。

魔王ゼルダンティス軍すらも混沌の底へと突き落とし、正義の名の下に数の暴力を繰り広げ、世界に戦火を広げる悪魔。

それが、プレイヤーの操作するキャラクターであり「英雄」と呼ばれる者です。

メタディフォースの大神官「ユイ」によって突然この世界に召喚され、元の世界には帰れないと知らされ、
アークサイン結晶体を集めてくれば元の世界に帰れる"かも知れない"と聞かされる。
街の住人や兵士たちから情報を集め、あてもなくアークサイン結晶体を世界各地へ探しに行く、
道中見付けたモンスターは傭兵を 召喚して片っ端から倒す。
そんな痛快冒険活劇(?)

誰の言葉だったか覚えていないが、その言葉は印象深かった。
「最後に立っている者が勝者であり正義である」──

それが果たして、正しいのか間違っているのか。
冒険を通して至る境地には、いったい何があるのか。

英雄とは何者なのか。

あなたは答えを見付けられるだろうか──

─神官「グレイ」著:「ひみつの手記」より抜粋─


アークサイン公式ページへ



特徴
ストーリー 魔神大戦
ストーリー 天位争奪
ストーリー 英雄再び
キャラクター 英雄


TOPページへ
この記事が良いなと思われたらランキングに協力してくれると嬉しいです!!
FC2ブログランキングへ人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログへブログランキングアークサイン・攻略ブログ
管理人のやる気につながる1クリックを…( ;∀;)

topページへ

| アークサイン雑記 | 18:14 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://backbeat54.blog.fc2.com/tb.php/91-b17cca04

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。