AS:アークサインブログ ~BackBeatの徒然なるままに~

「掟破り系 ふるぼっこRPG アークサイン」のユーザーブログです アークサインの独自の攻略っぽいものや出来事などを記事にしています

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事が良いなと思われたらランキングに協力してくれると嬉しいです!!
FC2ブログランキングへ人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログへブログランキングアークサイン・攻略ブログ
管理人のやる気につながる1クリックを…( ;∀;)

topページへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ストーリー 英雄再び

メタデフォースの大神官であるユイは、アークサイン結晶体を悪用し暗躍するリベルトの裏に、
遠い昔に封印した魔王ゼルダンティスの存在があるのではないかと考えていた。

現在のアリア大陸には女神イノシアもいなければ、アークサインも存在しない。
しかし、大気中には未だアークサインの力が満ち、今ではそれを活用・応用した技術も発達している。
ならば、過去の大戦と同じく女神イノシアの力を受け入れることが出来る者であれば対抗しうるだけの力を得られるのではないか。
そう考えたユイは、残されたアークサイン結晶体の力を利用して、アークサインの力と同調でき、
かつ受け入れることが出来る者が存在する異世界へと次元を繋げる大召喚魔法陣を生み出す。

しかし、完全な状態ではないアークサイン結晶体では魔法は正常に発現せず、逆にユイの方が異次元へと飛ばされてしまう。


時を同じくして、20X5年──地球。

とある企業によって、最新鋭の『バーチャルシミュレーター』が製作され、お披露目のデモンストレーションとして、
オリジナルの体験用ゲームが公開されていた。

そして、試験運用の最終日。
その日は特設会場の筐体だけでなく、体験版のソフトからもバーチャルシミュレーターに接続することで間接的にではあるが、
その機能を体験することが出来るようになっていた。

さっそく接続し、最先端の技術を体験する人々。
構築された、まるで現実のような感覚をもたらす穏やかな世界。
その中で発見される、周囲と雰囲気の異なる1人のNPC。

平和で明るいその世界に似つかわしくない憂いを湛えた表情をしたその少女は、重々しく口を開くとこう告げた。

「お願いいたします、英雄さま。アリア大陸を救う為、どうか私に力をお貸しください・・・」

これをゲームのイベントだと考えたプレイヤー達は、皆その言葉に頷き協力することに同意する。
その直後、意識は暗闇に落ち・・・

アークサイン結晶体では相互を片道で繋げるだけの力しかなく、
結果として条件に合った英雄をアリア大陸へ召喚することには成功するが、ユイ自身は戻ることは出来なくなってしまった。

他のアークサイン結晶体を手に入れることが出来れば、自分か英雄たちのどちらかは元の世界へ戻ることが出来るだろう・・・いや、
それよりも完全なアークサインを復元することが出来たならば、どちらも元の世界に戻すことが可能なはず。
何より、魔王ゼルダンティスが本当に復活しているのであれば、アークサインの力はきっと必要になる時が来る。

そう考えたユイは、アリア大陸へと召喚した英雄達にこう伝えることにした。
『元の世界に戻るためには、欠片を集めてアークサインを復元する必要がある』


アークサイン公式ページへ




特徴
ストーリー 魔神大戦
ストーリー 天位争奪
ストーリー 英雄再び
キャラクター 英雄

TOPページへ
この記事が良いなと思われたらランキングに協力してくれると嬉しいです!!
FC2ブログランキングへ人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログへブログランキングアークサイン・攻略ブログ
管理人のやる気につながる1クリックを…( ;∀;)

topページへ

| アークサイン雑記 | 18:12 | コメント:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://backbeat54.blog.fc2.com/tb.php/90-3f9cec55

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。